HOME  > 成年後見Q&A  > その他
アーカイブ | RSS |
  

 認知症や、知的障害、精神障害のある人が、身近(配偶者、子供、新族など)にいる方で、 預貯金や不動産など財産管理、あるいは介護、施設への入居の手続きを代理でしていきたい方、又はそれら手続きをしてもらいたい方です。

  ✾例✾
  ・一人暮らしをしている父が悪徳商法に騙されないようにしたい。
   又は、騙されたのでクーリングオフしたい。 
  ・認知症の母の入院費を、本人通帳から引落したい。
  ・私が死んだ後、知的・精神障害のある子の将来が心配。             
  ・判断能力が不十分な人を含めて遺産分割協議をしなければならない。    ・・など。


通常、本人が病気などから回復し判断能力を取り戻したり、亡くなるまで、成年後見人として責任を負うことになります。申立てのきっかけとなった当初の目的(例えば、保険金の受領や遺産分割など)を果たしたら終わりというものではありません。

成年後見人が辞任をするには、家庭裁判所の許可が必要となり、それも正当な事由がある場合に限られます。

ただし、補助人は、代理権が付与された特定の法律行為が完了するなどした場合、代理権や同意権を取り消す審判を申し立てるなどして、その仕事を終えることができる場合があります。

(裁判所 パンフレット 成年後見制度ー詳しく知っていただくためにー 参照)


成年被後見人等になることによる不利益には次のようなものがあります。

選挙権の喪失

成年被後見人は、選挙権も被選挙権も有せず(公選11条)、その権利を失うことになります。

一方、被保佐人や被補助人は、この権利を喪失することはありません。

資格制限

成年被後見人や被保佐人は、医師、税理士等の資格や会社役員、公務員などの地位を失います。

一方、被補助人は、この権利を喪失することはありません。

許認可の取消

各種許認可事業では、成年被後見人や被保佐人でないことが許認可の要件とされている場合、被後見人等になることにより許認可が取消しとなることがあります。

印鑑登録抹消

平成12年の自治省通達「印鑑登録証明事務処理要領」「印鑑の登録及び証明に関わる事務に関する成年後見人の取扱いについて」の中で、成年被後見人の印鑑登録を抹消することが定められており、その通達に従い、大阪市をはじめ多くの市区町村ではそのような取扱いがなされています。


ご相談はこちらから

お電話での無料相談|03-5577-3141(東京本部)平日AM9:00〜PM6:00

ご予約で時間外・土日祝日も対応いたします。訪問相談も可。

地方事務所の連絡先はこちら

メール24時間受付

司法書士法人 A.I. グローバル

成年後見 任意後見 成年後見制度 (後見制度) 成年後見人 (後見人) 費用 報酬 司法書士

東京 大阪 札幌 仙台 横浜 立川 名古屋 大阪 広島 福岡 他全国対応

Copyright © 司法書士法人A.I.グローバル All Rights Reserved.