HOME  > 成年後見Q&A  > 申立て  > 申し立ては誰ができるの?
アーカイブ | RSS |
申立て : 申し立ては誰ができるの?

 

申立て(※1)をすることが出来るのは、本人(※2)その配偶者・4親等内の親族などに限られています。
四親等内の親族とは、下記の図の通り、配偶者・4親等内の血族・3親等内の姻族となります。 

 

その他に市町村長が申立てすることもできます。
なお、これらの人が多忙であったり、遠方にいる場合、一人で手続きをすることが不安な場合には、弁護士や司法書士に相談して、申立ての手続きをしてもらうこともできます。
 
※1 申立てとは成年後見制度の利用を家庭裁判所に依頼の手続きをすること。
※2 ここで言う本人は、成年後見制度を利用される方の事を言う。

 


印刷用ページ 

ご相談はこちらから

お電話での無料相談|03-5577-3141(東京本部)平日AM9:00〜PM6:00

ご予約で時間外・土日祝日も対応いたします。訪問相談も可。

地方事務所の連絡先はこちら

メール24時間受付

司法書士法人 A.I. グローバル

成年後見 任意後見 成年後見制度 (後見制度) 成年後見人 (後見人) 費用 報酬 司法書士

東京 大阪 札幌 仙台 横浜 立川 名古屋 大阪 広島 福岡 他全国対応

Copyright © 司法書士法人A.I.グローバル All Rights Reserved.