HOME  > コンテンツ  > 成年後見について知る  > 任意後見制度

任意後見制度

任意後見制度は、本人が十分な判断能力があるうちに、将来、不十分な状態になった場合に備え、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。

現在は十分な判断能力を有しているが、将来の判断能力の低下に備えて任意後見契約を締結する、というケースが、典型的な利用例ではありますが、現に判断能力の不十分な状況にある人も、契約の締結に必要な意思能力さえあれば、自ら任意後見契約を締結して、任意後見監督人の選任の審判を得て、任意後見人による保護・支援を受けることができます。

プリンタ用画面
前
法定後見制度(代理権・同意権・取消権)
カテゴリートップ
成年後見について知る
次
後見人・保佐人・補助人の仕事の具体例と責任

ご相談はこちらから

お電話での無料相談|03-5577-3141(東京本部)平日AM9:00〜PM6:00

ご予約で時間外・土日祝日も対応いたします。訪問相談も可。

地方事務所の連絡先はこちら

メール24時間受付

司法書士法人 A.I. グローバル

成年後見 任意後見 成年後見制度 (後見制度) 成年後見人 (後見人) 費用 報酬 司法書士

東京 大阪 札幌 仙台 横浜 立川 名古屋 大阪 広島 福岡 他全国対応

Copyright © 司法書士法人A.I.グローバル All Rights Reserved.